日本の太陽光発電の導入量や導入実績状況や普及率、このほかには将来の導入予測と言うことが気になります。

ここ数年の間に非常にたくさんの太陽光発電が導入されるようになっています。

それは環境問題や自然災害などが影響していると考えられています。

2010年のデータによると、日本は世界で第3位の導入実績があることがわかります。そして2012年からの導入実績が急激に増えていると言うことがわかります。

最初は企業などが産業用のシステムを導入すると言うことが多かったのですが、最近では戸建て一般住宅への普及率が大きく伸びています。

全国平均では2011年に約3.6パーセントとなっています。

2010年から約0.9パーセント増加していることがわかります。

また日本の中でも地域によってその普及の速度に違いがあります。

東北や北陸地方では日照時間が短かったり天候が安定しないと言うことで普及率は低くなっています。

その値は約2パーセント前後となっています。

これに対して関東地方は約3パーセント前後で西日本や太平洋側の地域では約5パーセントの普及率となっています。

したがってまだ導入していない家庭がたくさんあるということがわかります。

しかしこれを新築住宅を対象としてみたときには、太陽光発電の導入率は約18パーセントという高い値となっています。

このように普及が進んでいるシステムとなっていますが、今後の導入予測はどのようになっていくのかが気になります。

今後は2030年に約5300万kWを目標としています。

そして普及率に関しては、行政側が決める買取価格や買い取り期間、このほかには補助金の金額などによって大きく左右することが予想されています。

しかし環境問題が大きく取り上げられている中で、右肩上がりに増えていくと言うことが予想されています。

太陽光発電の導入を考えている人は、メーカーや設置業者などを比較検討し、信頼できる会社を選ぶことが大切です。

>>太陽光で土地活用をお考えの方

都道府県別見る太陽光発電の普及率

日本全国で太陽光発電を設置している家庭が多くなっていますが、とくに新築の住宅を購入する人の設置率が高くなっています。

これは工事が一緒にできると言うことや、新しいエネルギー環境システムを取り入れるというような環境が整っていると言うことが背景にあります。また実際にシステムを導入しているところは地域によっても差があることがわかっています。

そこで気になるのが太陽光発電の普及率です。都道府県別で見たときに設置件数が一番多くなっているのが愛知県になります。その次に埼玉県で東京都や福岡県や神奈川県というように続いています。

愛知県と神奈川県に関しては持ち家率が高いと言うことも背景にあるようです。

そして太陽光発電の補助金に関して、市町村のほとんどが支給していると言うことが設置件数を高くしていると言うことにつながります。

しかしこれを普及率で見たときにはその状況は変化しています。愛知県は設置件数が多いと言うことがわかっていますが、普及率では約4パーセントと全国平均よりも少し高い程度となっています。

また埼玉県に関しては全国平均よりも低い2.9パーセント以下となっています。これに対して佐賀県や熊本県に関しては6パーセントを超えています。九州地方全体の普及率が高いと言うことがわかります。

なぜこのような結果になっているのかというと、九州地方は晴れた日が多く、熊本県庁や宮崎県庁に関しては、太陽光発電システムの向上や研究施設の誘致に積極的であると言うことが影響しています。

したがって普及にも熱心であるということがわかります。太陽光発電システムはここ数年の間に非常に大きく成長しています。しかし普及率で見てみると全国平均は3.3パーセントとまだまだ低い値となっています。

新たな電力産生の方法として注目されていると言うことで、1000万戸の屋根にソーラーパネルを設置するというのが目標とされています。

そのためにはさらに制度を確立することなどが求められています。


コメント

日本における太陽光発電の普及率 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です