ホーム未分類太陽光発電のメンテナンスで費用がかかるのは定期点検とパワーコンディショナーの交換

太陽光発電を導入する人が多くなっていますが、設置の際に必要な費用は数百万円と高くなっています。

したがってその仕組みをしっかりと把握して検討する必要があります。

基本的にメンテナンスの必要がないとされている太陽光発電ですが、実際には毎年の買取価格に関しては、このくらいのメンテナンス費用が必要であると考えられたうえで決められているという背景があります。

どのような内容となっているのかがわからない人も少なくありません。

具体的には定期点検とパワーコンディショナーの交換と言うことになり、この際に費用が必要となります。

定期点検に関してですが、いくらかの費用が必要となります。長期にわたる発電量の維持と安全性確保の観点から定期的に行われるようになっています。

しかしあくまでも推奨されているというもので、法律で決められた義務というものではありません。点検があまり必要ないと言うことになっていますが、屋根に設置するシステムとなっているので、長期間運用することで気象条件や自然災害などの影響で、電気的な不具合が発生することが考えられています。

このほかには設置状況が不十分になることも考えられています。したがって長期間安心して運用するためには、定期点検を行った方がいいと考えられています。具体的にはどのような内容の点検が行われているのかというと、住宅用太陽光発電の定期点検に関してはガイドラインが定められています。

ここでは太陽電池や接続箱やパワーコンディショナーについて目視や電気的な測定が行われるようになっています。どのくらいの頻度で定期点検が行われているのかというと、4年ごとに1回以上となっています。

費用に関しては1回につき2万円程度というのが相場となっています。これまでの間に何か気になるところがあれば、すぐに販売施工業者に連絡をします。


コメント

太陽光発電のメンテナンスで費用がかかるのは定期点検とパワーコンディショナーの交換 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です