ホーム未分類太陽光発電の原理とは?

毎日の生活の中で電気を使うと言うことが多くなっていますが、その電気を作り出すためにはたくさんのエネルギーが必要となります。

火力発電や原子力発電などがありますが、これらは二酸化炭素を排出すると言うことで環境に対する問題が懸念されています。そこで環境に優しい方法として注目されているのが太陽光発電になります。

これは太陽の光を利用して電気を作り出すという方法で、二酸化炭素などの排出物を出すことがありません。

そこで気になるのがその原理や仕組みになります。太陽光発電の最大のメリットとなっているのが、太陽や蛍光灯などの光を照らすだけで発電することができるという点です。

火力発電や原子力発電ではタービンを回すために大きな燃焼炉やたくさんの燃料を用意しなければいけません。

水力発電ではダムを建設しなければいけませんが、太陽光発電ではその必要がありません。

ここでは電磁誘導ではなく光起電力効果という原理を使って電気を発生させています。この光起電力効果というものは、光を当てることで電気を動かす力が発生する現象のことになります。

電気とは電流のことで動いている電子の流れのことになります。

起電力が発生すると言うことは、電気が発生すると言うことと同じ考え方になります。

太陽光発電の主役は太陽電池となっています。これは光起電力効果をしっかりと発揮できるような仕組みとなっています。太陽電池は自由な電子である電動電子が多いn型半導体と電子を受け入れるための正孔が多いp型半導体がしっかりとはり合わさったような構造となっています。

太陽電池の原料はシリコンが主流となっています。これが製造コストが高くなる一因となっていますが、最近ではシリコン以外の原料を使った新しい太陽電池の開発も行われています。それによって製造コストの引き下げや発電効率の向上に繋げることが期待されています。

このように現在では注目されている新しいエネルギー産出の仕組みである太陽光発電は、進化をとげています。


コメント

太陽光発電の原理とは? — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です