ホーム未分類太陽光発電の補助金のこれまでの歴史

太陽光発電システムを導入するときにはたくさんの初期費用が必要になります。

しかし少しでもその費用を軽減させるために、補助金制度というものがあります。

太陽光発電システムの歴史はまだそれほど長くはありませんが、国からの補助金制度に関しては1993年までさかのぼることができます。

初期の制度から現在に至るまで、補助金価格は年ごとに変化しながら比較的高額な支給が2005年までの間に行われていました。

すなわち比較的早い時期から住宅用の太陽光発電の普及が進んでいたと言うことがわかります。

しかしその後で一旦この制度は廃止となっています。

そして現在では二酸化炭素問題に関する注目が世界中で集まっています。

その結果2009年には補助金制度が復活したという背景があります。

この2009年に導入された補助制度に関しては、1kWあたり7万円が支給されていました。

そしてその後もシステムの価格が安くなるという状態が進み、平均の価格に合うように給付されるというような制度も少なくなっています。

そして2012年度からは、システムの費用に応じて2つの補助金額が採用されるようになっています。

なぜこのように2つのものが採用されるようになったのかというと、少しでも安いシステム価格の太陽光発電設備の方が、たくさんの補助金をもらうことができるという内容で、これによって高額な方の補助金の条件を満たそうとする販売店の値下げを促すことにつながっています。

2013年度も同じような制度が採用されていましたが、2014年度には再び廃止されています。これが国の制度となっていますが、地方自治体では都道府県や市町村単位での補助金が用意されています。

ここでは金額の違いがあるので、事前に自分が住んでいる自治体の内容をしっかりと把握しておく必要があります。太陽光発電を設置するときには、住宅用で信頼できる施工会社を探すことが必要となります。また実績のあるところを選ぶようにします。


コメント

太陽光発電の補助金のこれまでの歴史 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です