ホーム未分類自作の太陽光発電

太陽光発電システムの自作というのは一見すると難しそうに思えるのですが、PCやスマートフォンなどを充電する程度のものであれば特別な資格など必要がなく、昨今の環境と電気に対する関心の高まりから発電用自作キットが販売されるほど注目を集めいている分野です。

小規模とはいえ基本的な部分は何ら変わらず太陽光パネルを利用して発電しバッテリーの電力を蓄えてそこから電力を供給するというシステムとなっているのが一般的です。

太陽光パネルについては、産業用の大きな物からスマートフォンを充電するための携帯型まで様々なものが販売されています。基本的にこういったパネルには目安となる発電量が存在しており、一時間あたりどの程度の発電ができるのかという事がわかるようになっているので、自分が使いたい用途にあわせてパネルのサイズを調整しましょう。

選ぶ際のコツとしては性能にもよりますが基本的にはパネルが大きければ大きいほど時間あたりの発電量が大きいという事と、天候によって太陽光発電の発電量は左右されるので自分が使う用途に必要な電力より多めに発電量を見積るという事です。

発電した電気をためておくバッテリーですが、これは一般的に車用のバッテリーが使われます。

これは民間でも簡単に手に入りしかも大容量の充電池であるということも挙げられますが、バッテリー関連用品が豊富に揃っているというメリットがあるためです。
 
この二つを直接つなげるだけでも発電ができないことはないのですが、過充電などトラブルが非常に起こりやすいので普通はこの間に充電を制御するチャージコントローラーや逆流しないための器具などを取り付けます。

そして発電した貯めた電力を家庭用の家庭用の電源として使う方法ですが、これはインバーターと呼ばれる変換器が必要になります。

 カーバッテリー用のものであればカー用品店やホームセンターなどで簡単に手に入りますし、インターネットでも購入することも可能です。”


コメント

自作の太陽光発電 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です